機械の安全とは何か?どのように実現すべきかを考えます。

機械指令

技術情報へもどる

機械指令

機械指令として、2006/42/ECが適用されています。リスクアセスメントを強く表に出してきています。市場調査の強化も謳われており、十分な対応が必要と思われます。

域内にAuthorized Representative(代理人)が必要です。代理人は、EU圏内に存在する法人や自然人である必要があります。現地法人や輸入代理店の住所・名称などを機械本体、宣言書、取扱説明書などに記載するようにしてください。

機械指令のガイドが出ています。EUのホームページからどうぞ。
http://ec.europa.eu/enterprise/sectors/mechanical/machinery/index_en.htm
ページ下のほうにGuide to application・・・というのがあります。

付属書IVの機械類の取り扱いに関して

この件は、あまり大きく騒がれてませんが現在の機械指令2006/42/ECでは、ノーティファイドボディー(「指定試験機関」のこと、以下NBと略します)への依存度が下がっています。
以前の機械指令では、付属書IVに記載された危険な機械類や安全部品に関して、C規格と呼ばれる整合規格(特定の製品そのものに関する整合規格)がありその規格に適合させた場合でも、技術文書をNBに提出(保管依頼)する必要がありました。
現在の機械指令では、この要求がなくなり、C規格に適合させた場合は一般的な機械同様、技術文書のNBでの保管は不要です。言い換えれば、たとえ付属書IVに記載された危険な機械類や安全部品に関しても、C規格に適合させる限りは一般の機械類と同様に取り扱うことが出来るようになったわけです。適合性評価も製造者自身で行う事ができますので外部の試験所を使う必要もなければ、NBを使う必要もありません。
機械指令のArticle 12の3が付属書IVの機械類の取り扱いに関する記述です。その(a)がこれまで述べたことに関する記述です。
同項の(b),(c)を適用することも出来ますが、その場合は,NBの関与が必要になります。NBはEU圏内に存在する必要があり、日本の試験所はNBになれません。結果、EU圏内の試験所を使うことになり、一般的に料金も高くなります。
幾つかのウェブサイトでは、現在の機械指令に関する記述をしているにもかかわらず、以前の機械指令の要求(C規格に適合させても技術文書をNBに提出する必要がある)が書かれています。実際にはこのようなことは必要ありませんので、無駄なお金を使わないよう、ご注意ください。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

ISO26262, IEC61508