機械の安全とは何か?どのように実現すべきかを考えます。

リスクアセスメント

サービス項目へ戻る

リスクアセスメントとは

リスクアセスメントの少し詳しい話に関しては、リスクアセスメントについてのページが各種ありますのでここでは説明を避けますが、要は、そのリスクが世の中で許してもらえるかどうか判断する事です。言い換えれば、リスクの識別作業になります。

もしそのリスクが世の中で許してもらえない場合には、リスクに見合った対応を行い、世の中で許してもらえるようにリスクを小さくする必要があります。

危険に「見合った対応」と言われても、果たしてどのような対策が危険に見合っているのか・・・?国際規格での考え方は、次の順位で対策(安全方策)をとることが要求されています。この方法を”3ステップ法”と呼びます。

  1. 本質安全による対策。これにより
    1. リスクを無くすか
    2. リスクのレベルを受容可能なレベルに低減する
  2. 必要な保護法策をとる。これにより
    1. 隔離により、危険源に曝されないようにする
    2. 制御により、危険源に曝されないようにする
      1. 規格に適合した制御が要求されます
  3. 残っているリスクを機械の使用者に伝達する。これにより
    1. 機械の使用者に対応してもらう
      1. 保護柵の設置、保護具の使用、オペレータの訓練など

仕事の進め方

機械の「一生」を通じた評価

プロジェクトチームを組むなどして、過去の事故例・ヒヤリハット事例など集めます。
それと共に、機械の設置、使用、保全から廃棄にいたるまで 機械の「一生」(揺籃から墓場まで)を通じた危険源を体系的に抽出し、各々を評価しリスクを推定・評価します。

本質安全・安全方策の検討

本質安全を目指した設計を検討します。
必要に応じ、安全方策を考えます。
国際規格要求など必要な条件を検討する必要があります。
これにより、規格要求を満足する安全方策をとることが出来ます。

リスクアセスメントレポートの作成

リスクアセスメントの結果は文書化しなければなりません。
レポートに必要な事項を漏れなく網羅したレポートを作成します。
海外への輸出や機械指令への適合が必要な場合は英語でレポートを作成します。

ご意見・お問い合わせなど

メールにてお願いします。
infor@kikai-anzen.co
末尾にmを追記してお送りください。

サービス項目へ戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

ISO26262, IEC61508