機械の安全とは何か?どのように実現すべきかを考えます。

プラントアセスメント

サービス項目へ戻る

プラントアセスメント(工場の危険解析)とは

工場に潜む危険に気付くことを目的にして、リスクアセスメントを行います。その結果、危険度の高い工程から対策をとるといった計画を立てることが出来ます。

予算には限度がある

「安全の重要性はわかった。でも、予算は限られている。」というのが現状です。限られた予算の範囲内で有効な安全方策をとらなければなりません。
そのためには、工場にどんな危険があり、どの程度の危険のレベルであるかを知る必要があります。そして、危険の程度が高いところから、安全対策を施していくというのが合理的です。

業務の進め方

作業現場の解析

作業現場をよく観察します。
関係者からのヒアリングと関係規格の要求事項をもとに解析していきます。
基本は、リスクアセスメントです。リスクアセスメントと同様の作業を各工程・各装置ごとに行います。

レポート作成

評価レポートを作成します。
このレポートは、経営者もしくは工場の責任者の方にご覧いただくことを念頭に作成します。

順位付け

レポートでは、危険の程度により順位付けをします。
これにより経営者は、危険の程度の高いところから優先的に予算配分を検討することが出来ます。

ご意見・お問い合わせ

メールにてお願いします。
info@kikai-anzen.co
末尾にmを追記してお送りください。

サービス項目へ戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

ISO26262, IEC61508